#007 white fish

2018年3月、間近に迫った、キープキャスト2回目の出展準備に追われる毎日… 


合間に、VADOVAS JIG 試作段階約40種類のラバーカラ-サンプルの中から、初回カラーの選定も続

けていた… 


何せ、各色数百枚単位のラバーの発注をしなければならない… 




毎年の春の琵琶湖遠征…  


殺気立っているお方達や、どうしても釣りたいお客様乗せてるガイド様艇が、シャローに入って行っ

て、 水底、見ながらエレキで流す光景をよく見る… 


サイトに対して… 基本、当GIVSオフィシャルは否定も肯定もしない立場です… 


サイトでメスを抜いて、ライブウェルに入れて、マリーナまで持ってっちゃうのはどうかと思います

が… 


私たちの大切なサカナであるバス様達… 


プリのシーズン… バス様達にくれぐれも優しく、正しい知識と、良識のご判断を願います…




VADOVAS JIG  カラー : #007 white fish  


このカラーは、プリの時期のサイト用を目的に設定したカラーではない… 


上半分(アッパーハーフ)にソリッドホワイト、 

下半分(ロアーハーフ)にクリアー/グリーンクリスタルの上下セパレートカラー… 


このカラー…  


問屋さんとの商談中も、このサイト用カラーは、時期により注文数にばらつき出るんだよな~などと

言われたが、 GIVSとして、この#007 white fishは、サイト用に設定したカラーではない…  


white fishの名のごとく、ストレートに、ベイトフィッシュイメージで設定、選択したカラーだ… 



このカラーのベースは、琵琶湖のハスイメージ、霞・利根川水系ではニゴイ、ボライメージである… 


10年程前から、琵琶湖遠征時、ZOOM 7inch スーパーフル―クのノーシンカー、ジグのコンボでイイ

サカナ達を連れてきてくれた… 


お気に入りカラーは、ホワイトアイス?だったと思う…  


というか、このホワイトアイス?が一番信頼できるカラーだった!  


もう手持ちはとっくに無いので、この手のワームも数年前より自作し必ず遠征時持参している… 



因みに、今年の夏のサカマタフィーバーがここまで凄くなるとは全く予想できなかった… 



基本、ホワイト系のワームや、ホワイト系のラバーを巻いてある、バスベイト、スピナーベイトが好

きである… 


勿論、シャッドテールワームもホワイト系の色が気に入っている…  


釣れた思い出も多い事も理由にあるが、視認性の良さも理由になっている… 


当方は、夜釣りは殆どやらないが、琵琶湖遠征者様達は、夜釣りの琵琶湖でイエローラバーよりホワ

イトラバーを推していた… 


マッディフィールドでも勿論、クリアなフィールドでも、濁りや流れとの境目や、障害物との境目、

川、河口などでよく使う… 




VADOVAS JIG  カラー : #007 white fish 


ハス、ニゴイ、ボライメージ… 

夜釣りにも… 

お試しを… 


カラーネタまだ続く… 


GIVS® Official     


G I V S ® Official website

G I V S ® / ギブス    フィッシング / デザインメーカー 公式ウェブサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000