#005 shrimp

2018年2月、キープキャスト2回目の出展準備に追われていた… 


同時に、製品の各材料の手配も…  


その前に、VADOVAS JIGの初回カラーを10色程度に絞らなければならない… 



約5年の試作段階で、VADOVAS JIGのサンプルとして巻いたカラー数は、 およそ40種類程度になる…  

これは、自分がどうしても欲しい色と、琵琶湖遠征者様達からの要望を合わせた試作カラーになる… 


詳細は省くが、希望、要望通りにラバーが用意できなかった為、サンプルとして実現できなかったカ

ラーもあるし、 似たカラー群は、実績により優先j順位をつけ選別した… 


初回10色に絞る事にも、実は皆様が思っている以上に時間がかかっている… 




VADOVAS JIG  カラー : #005 shrimp 


このカラーは、VADOVAS JIG として、絶対に設定しなくてはならないカラーだった… 


上半分(アッパーハーフ)にクリアー/コッパ―&グリーン、 

下半分(ロアーハーフ)にクリアー/ブルー&レッドの上下セパレートカラー… 


このカラーは、今から10数年程前、当時、琵琶湖に遠征し始めた頃に既製品のアメリカ製のスイムジ

グに、 自分で巻き直したラバーと、ゲーリーのジャンボグラブコンボでのスイミングジグでの実績が

元になっている… 


当時、巻き直したラバーカラーは、上下セパレートでは無く、クリアー/ブルー&レッドのラバー1色

のみ。 コンボした、ゲーリー製ジャンボグラブ6inchのカラーが、No.195(クリアー/レッド&ブルー&シルバーフレーク)。 


改めてゲーリー様のHP見てみると、カラー表欄のコメント、ベイトフィッシュライクな色とか、春の

プリメス実績No.1とか、 クリアウォ―ターで特に有効とか、ゲーリーサポートプロ様の有り難いお言

葉が記載されている… 


ほぼ、その通りだと思います… 琵琶湖で自ら身に染みて感じてます… 


5.6年前?から、釣具屋さんでたまにゲーリーコーナー行って、このNo.195カラーのジャンボグラ

ブ探したり してみましたが、全く見かけません! 


だから、ずっとこのカラーのワームも自作するしかなかったカラーの一つ… 


春の霞・利根川水系、川系、1年に1回行くか行かないかの、牛久沼でも、このカラーしか投げない

事も多い… 



因みに、このカラー… 


既に、ほぼ最終段階のGIVS製バズベイト、もう少し時間かかるGIVS製スピナーベイトにも設定予定

のカラー…  


琵琶湖の冬のデカい魚にも… 琵琶湖の春のデカい魚にも… このカラー、外せません… 


冬から春の霞・利根川水系、川系、1年に1回行くか行かないかの、牛久沼でも、このカラーしか投

げない事も多い… 


クリアーウォ―ターは勿論、関東のマッディ―ウォーターでも対応です… 


まー、大好きなカラーだという事です… 




VADOVAS JIG  カラー : #005 shrimp 


名称こそ、シュリンプとしてるが、実際はベイトフィッシュイメージで設定したカラーです… 


シュリンプカラーと書いてあるから、エビねっ! ではないんです!  


分かりにくく、申し訳ありません。 


カラーネタ続く… 


GIVS® Official       



G I V S ® Official website

G I V S ® / ギブス    フィッシング / デザインメーカー 公式ウェブサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000