迷走から

2017年、初夏… 


琵琶湖テスト遠征… 


VADOVAS JIGの量産に向けた、技術的課題が解決しない事… 


VADOVAS JIGのボスの位置、角度に対して、確信が100%持てない事… 


この二つの大きな問題…




毎度のことだが、この時も北湖で、他の数種類の自作のルアー達も同時に試す…  


自作ビッグベイト系でのサーチで、ロックエリアで魚を探す… 


自作のI字形ミノーで表層から中層で魚を探す… 


オリジナルのスピンベイトでボトムをトレースする… 


勿論、VADOVAS JIGでのボスの位置違いのサンプルでも各レンジを巻き、 ディ―プで着底、ステ

イ、バンプも確認する…  


各エリアを廻り、取水等、漁礁、河口、ディ―プで50前半までのサカナ達に出会えたのみだった… 


イイサカナ達が何処にいるのか分からない… 


この日、湖流が少なく、放水量も少ない…   


この時、他に地形変化への意識が薄く、シャローのチェックも出来ていなかった… 




数日前に、3DCADでの設計を微調整をし、試作した数種類のVADOVAS JIGのサンプル…   


1点の曇りのない、自分の理想の、オリジナルのスイムジグの最終の仕様決め…  


意図した場所で、意図した使い方で、理想的に釣れるか?釣れないか?… 




2日目、沖の回復系の細い魚を避け、エリアを絞って、数種類のVADOVAS JIG サンプルの、 倒立着

底フォームを確認する…  


スイムジグでの横の動きでは、レンジを変えても、やはり、細いサカナ達のみ…  


前日の北での迷走から、シャローの影にもいるはずと判断… 


2017年、初夏の遠征テストから… 南湖西岸…  


VADOVAS JIG 1/2oz プロトモデル + オリジナルツインテールワームのコンボ… 


ファーストフォール着底、数秒後、ドスンっと当たり… 分厚い口の、ロク越え… 


GIVS® Official 


G I V S ® Official website

G I V S ® / ギブス    フィッシング / デザインメーカー 公式ウェブサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000