しこり

2017年、春… 


琵琶湖遠征者様達に託したVADOVAS JIGプロトモデル達は、この年の春でおよそ3年…  


自身でこのジグを自作し持ち込んでの実釣テスト遠征から約4年… 



琵琶湖遠征者達… 


琵琶湖の景色に、あのフィールドに、あの子豚のようなサカナ達に取り憑かれた… 


日常のほぼ全ての許せる時間を、あのサカナ達攻略を思わずにいられない… 


どっぷりハマって、更に深みを目指して進んでいく者達… 



自分も正にそうだった… 

… 



ただこの数年、以前の様に、純粋にあのサカナ達だけを追い求める事は、この時出来なくなっていた

のかも知れない… 


勿論、狙う魚に変わりはないのだが、このジグ達を仕上げる事を目標にした釣りへと、変わっていっ

た… 


その事が、良いとか、悪いとか、悲しいとかでは無い…  


より深みを目指して、自ら、そう仕向けて行く釣りへと変わらざるを得なかった… 


VADOVAS JIGの最終仕様決めの為に… 


実績でしか、仕様の最終の確信を得る手段がないと思っていたし、 凄腕の琵琶湖遠征者様達、少ない

が、崇拝するお方達のブレナイ姿勢をリスペクトしているから… 



この時、VADOVAS JIG に残る、小さなしこり… 


この、しこりが消えるまで、…  


自分で結果を出すしかなかった…  


実釣の中でしか、VADOVAS JIGを、他に前に進める方法はなかった… 


どの角度から見ても、意図した、問題ない性能を備えたオリジナルのスイムジグになるまで… 



2017年、春の遠征テストから… 


ボスの位置の設計を見直したプロトモデルを持って… 


この時も、初日ボートで廻り、翌日フローターで… 


VADOVAS JIG 1/2oz プロトモデル + オリジナルシャッドテールワームのコンボ、北湖、スイミング

にて…  


GIVS® Official         


       

G I V S ® Official website

G I V S ® / ギブス    フィッシング / デザインメーカー 公式ウェブサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000