霞・利根川水系

2014年、夏…


 VADOVAS JIGのテストは、霞ヶ浦、利根川水系での様々なエリアでも行った…  


ボートの時もあれば、陸からも、フローターでも… 


古渡エリアの浚渫、北利根チョコレート護岸際からファーストブレイク、沖の障害物コンタクト… 


テトラ、漁港外壁、護岸際、水門、延々続くアシ際打ち、ヘラ台打ち、広大なシャローフラット、ゴロタ… 


様々な場所に試作ジグを打って、巻いた… 


琵琶湖に比べ、全体的に浅く、水質はマッディー、風でよく荒れ、食った!と思ったらキャットフィッシュなんてことも多い…


捨て網、竹杭のゴチャゴチャ、沈船、漁業系の古ロープ、ゴロタ、霞名物玉ねぎネットと、根がかり率も高い…  


だから、この水系で、もし、ノーガードタイプのジグを使う場合は、一部の中層スイムジグとして使うか、 ショートピッチでのフットボールジグ等に限られる…



 VADOVAS JIG開発初期は、ガードタイプの設定は考えていなかった…  


自分が、琵琶湖遠征中に使用する、自作ジグが、ほぼ、ノーガードで使用する頻度が圧倒的に高かった事もその理由にある… 


しかし、琵琶湖の夏の時期の南湖ウィ―ド攻略の際、ヘビダンに代わる仕様として、試作用VADOVAS JIGガード付きを数シーズン試していた… 



そのガードタイプのVADOVAS JIG試作モデルを、ここ、霞ヶ浦、利根川水系でもテストした… 


意識した具体的な部分…  


・護岸、アシ等に代表される、岸際へのシャロー打ち比率の高いこの水系に対して、VADOVAS JIGの着底倒立アピールが有効か? 


・浚渫エリアにおいて、フットボールジグの代替えジグとして有効か? 


・広大なフラット地形において、ヘビキャロの代替えリグとしてこのジグが有効か? 


・通常のラバージグ用途としては勿論、スイムジグとして問題無いか? …  


テストは琵琶湖遠征は勿論、他のフィールドでも続けた…  


2014年、夏… 霞、利根川水系テストからの1枚…


 GIVS® Official 



G I V S ® Official website

G I V S ® / ギブス    フィッシング / デザインメーカー 公式ウェブサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000